いこまいけ、ポートラム > 電停個性化スペースデザイン > 富山駅北電停

全国チンドンコンクール

全国チンドンコンクール
 
北日本新聞が提供している「全国チンドンコンクール」をモチーフとした電停デザインです。
全国チンドンコンクールは、毎年4月上旬の桜の季節に富山城址公園を中心に開催される富山の春の風物詩です。第二次世界大戦の富山大空襲(1945年8月2日、死者2275人・市街地の9割以上が焼失)から10年経った昭和30年に廃墟から立ち上がる市民に娯楽を提供し、再建への意欲を盛り上げようと開催された「桜まつり」にあわせてチンドン屋の大会を併催したことがはじまりです。全国から集まったチンドンマンが技を芸を競い合うコンクール、松川沿いのバレードなど多彩な企画があり、富山市のみならず富山県の春の恒例イベントとなっています。
 

 

Copyright © 2006-2009 Ikomaike PORTRAM. All Rights Reserved.