いこまいけ、ポートラム > 電停個性化スペースデザイン > 城川原電停

城川原駅 車両基地

城川原駅 車両基地
 
住友工業が提供している「旧国鉄時代の城川原駅 車両基地」をモチーフとした電停デザインです。
富山港線は大正13年、富山北部工業地帯と岩瀬浜の発展を目的に営業開始した富岩鉄道が前進です。第2次世界大戦後の高度経済成長期には、工業地帯の貨物輸送の動脈して活躍してきました。富山港線は単線であったため、城川原駅を「すれ違い駅」として使用していました。旧型国電車両が使用されていた頃は、北陸本線が交流電源だったのに対し、富山港線は直流電源の車両だったため城川原駅に車両基地を置いて、切り替え整備を行っていました。富山ライトレールの時代になっても、城川原に車両基地があるのは変わりません。
 

 

Copyright © 2006-2009 Ikomaike PORTRAM. All Rights Reserved.