ポートラム > 沿線の観光案内 > 岩瀬大町通り

北前船回船問屋 森家

 北前船回船問屋「森家」は、代々 四十物屋(あいもんや)仙右衛門と称し、明治以降は名字を「森」と名乗りました。建物は、明治11年に建てられました。80坪ほどで、表から母屋、土蔵(2棟)、米蔵、肥料蔵と続いていました。現在は、母屋と土蔵(2棟)が残っています。
 母屋の「オイ」は商取引が行われた場所です。囲炉裏が切られ、吹き抜けの梁(はり)、差物、帯戸の豪勢さが当時を偲ばせます。土蔵の扉には、森家の家紋と龍虎の鏝絵(こてえ)が施されています。建物は、平成6年に国指定重要文化財になりました。
 
森家
 
表構えの解説
森家の解説
 
森家の表構え
スムシコ
スムシコ(一階開口部:出格子)
二階開口部
二階開口部
コケラ葺きの庇
コケラ葺きの庇
土蔵の扉:鏝絵
土蔵の扉
土蔵の扉
鏝絵・龍
鏝絵・龍

鏝絵・虎
鏝絵・虎
鏝絵・龍
鏝絵・龍
屋内:母屋
オイの梁
オイの梁
金庫
金庫
(チャシツ)
五月人形
五月人形
(前座敷)
 

 
ページ先頭(北前船回船問屋:森家)へもどる。
Copyright © 2006-2009 Ikomaike PORTRAM. All Rights Reserved.